忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081003-00000002-spn-spo

清水FA権行使なら…巨横ヤで争奪戦へ!


 ロッテのエース・清水直行投手(32)が2日、今季中に取得したFA権を行使する可能性を示した。清水はロッテの主軸として最近7年間で2ケタ勝利を6度も記録。今季もチームトップタイの13勝を挙げている右腕は、今オフFA市場の目玉の1人。権利を行使すれば、獲得に向けて調査を進めている巨人をはじめ、各球団による争奪戦は必至となる。



 監督室でバレンタイン監督と話し合いを持った清水は、練習を終えると悩める胸中を吐露した。



 「今年はFAが絡んでますからね。引き留めとか、そういう話はなかった。(権利行使は)正直、どうしようか悩んでいる。もちろん、他球団の話を聞いてみたい気持ちはあります。僕はFAを持ってないときから思っていました」



 今季から国内移籍に限りFA権の取得年数が短縮されたことで、初めて手にした権利だ。チームは1日に4位が確定したことで、この日になって出場選手登録を抹消された大黒柱の目は、早くも来年に向けられていた。



 今季は昨季6勝の不振から完全に復調。9月は先発から中3日で救援、さらにそこから中2日で先発でフル回転するなどチームトップタイの13勝を挙げている。自己最多タイの7完投とスタミナも健在だ。加えてリリーフでも結果を残すなど幅広い適性を示している。入団以来、主軸として9年間ロッテのマウンドを守ってきただけでなく、昨季からは選手会長も務めるチームリーダーだけに球団では全力で慰留に努める構えだが、FA宣言すれば一大争奪戦が展開されるのは必至の情勢でもある。



 今季年俸は1億6000万円だが、先発の柱となりうる右腕だけに熱視線を送る球団は多い。巨人は今季、清水の先発する試合は毎試合編成部1、2人を派遣して投球をチェックするなど密着マークを続けている。今オフ、上原がFA権を行使してメジャー挑戦が濃厚とあって、関係者も「うちの補強ポイントは右の先発投手」と明言。調査を進めている。巨人だけでなく、ほかにも先発陣が手薄な横浜、ヤクルトなどもリストアップ。今オフのFA選手で注目度は群を抜いている。清水は「今年は去年と違う姿は見せられた。来年につながればと思う」と言った。その決断に注目が集まる。



 ◆清水 直行(しみず・なおゆき)1975年(昭50)11月24日、京都市生まれの32歳。報徳学園、日大を経て98年に東芝府中入社。99年、チームの合併に伴い東芝移籍。同年、逆指名(ドラフト2位)でロッテに入団。1年目の00年から1軍に定着し02年からは5年連続2ケタ勝利をマーク。昨季は6勝止まりも今季はチームトップタイの13勝を挙げた。04、05、07年は開幕投手。04年アテネ五輪、06年WBC出場。家族は1男1女。1メートル80、85キロ。右投げ右打ち。


個人的にはロッテ残留を希望します!
ですが、今年(昨年?)奥様を亡くされて、残った子どもたちのことを思えば、高年俸のチームに行きたい気持ちもわかるような気がします。
野球人生なんて人生の一部でしかないのですから。。。

PR
元若ノ鵬、提訴せず「まげを切って下さい」親方と涙の抱擁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000055-sph-spo



 大麻所持で逮捕された元幕内・若ノ鵬(20)が10日、解雇を受け入れる意思を固めた。前日は日本相撲協会が下した解雇の無効を訴え法的手段も視野に入れていたが、この日、所属していた間垣部屋など都内3か所を謝罪行脚。間垣部屋では間垣親方(元横綱・2代目若乃花)に涙で断髪を希望し、3年間の短い力士人生にピリオドを打った。



 元若ノ鵬は、知人の出版プロデューサー・高須基仁氏らを伴い、墨田区の間垣部屋を紋付き袴(はかま)姿で訪問。頭を下げて復帰を希望したが、間垣親方に「解雇されたからもう戻れない」と却下された。その言葉に観念したのか、別れ間際には「まげを切ってください」と号泣。師弟で泣きながら抱き合った。結局断髪はしなかったが、力士の命を切り落とす決意で引退を受け入れた。



 その後、04年9月の来日時に世話になった江東区の大嶽部屋を訪ね、元横綱・大鵬の納谷幸喜さんと大嶽親方(元関脇・貴闘力)に謝罪。最後に元露鵬(28)と元白露山(26)が住む中央区のマンションを訪問した。だが、インターホンで言葉を交わしただけで、わずか1分で門前払い。若ノ鵬事件がなければ抜き打ち尿検査はなく、2人の解雇につながらなかった。門前払いは解雇の原因を作った怒りの表れか。謝罪行脚の最終地点で残酷な現実が待っていた。





正直、相撲界のめちゃくちゃの度合いにはあきれています。
さすがにこれは指導者の側にも問題があると思います。
大麻は国によって対応が違うことを親方などが指導しなければいけないと思う。
最新CM
最新TB
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ニュースWEB All Rights Reserved